継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

ミツバチのための最後の闘いにご参加を

今この瞬間も、大量のミツバチが死に絶えています。すでに米国では、主要作物を受粉するためのミツバチが全く足りないい状況です。また欧州の養蜂家は、毎年少なくとも1割のミツバチを失っています。

ミツバチによる受粉がなければ、食物連鎖全体が脅威にさらされるため、わたしたちは今、全ての生命を脅かす環境の大惨事に直面していると言っても過言ではありません。

ミツバチにとって有毒な農薬が、必要を大幅に上回る量で作物に使用されていると、科学者たちは警鐘を鳴らしてきました。これへの反撃として、農薬を販売する大手化学製品会社は、かつて石油会社が気候変動懐疑論を広めたのと同様に、企業自らの出資という、信頼性に問題がある科学調査を実施。これを根拠に、ミツバチ大量死と農薬とを結びつける証拠に疑問を呈して、政治家たちが対策を遅らせる口実を与えているのです。

けれど今年、ついに欧州やカナダ、米国で、これら有毒物質に対する取り締まり強化の兆しが見え始めました!そこでAvaazでは、次の計画を打ち出します。
  1. 農薬に詳しい科学者に内部告発を働きかけ、関係大臣や当局者の前での証言を得る。
  2. 緊急調査を実施し、これらの農薬を使用しなくても作物が豊かに実ることを証明する。
  3. 農薬禁止支持派とともに大規模な啓発キャンペーンを展開し、使用禁止を勝ち取る。
科学調査や世界規模の啓発キャンペーンにはコストがかかります。けれどAvaazなら、グローバルなクラウドソーシングで資金を調達できます。化学薬品製造大手による曲解された科学を決定的に覆すため、これらの農薬なしでも農業は成り立つことを示す、草の根支援による世界規模の調査に必要な資金を、素早く集めることができるはずです。調査の実施は急務ですが、わたしたちが今ここで力を合わせなければ、調査は立ち消えになってしまうかもしれません。。これはミツバチのための最後の闘いです。どうかできる範囲で寄付にご協力をお願いします。