継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

「温暖化最前線」で闘う人々の声をパリに届ける

たった今、衝撃的な知らせを聞きました。パリで開催される国連気候変動会議に、化石燃料ロビイスト多数が来場する一方、気候変動による影響で国そのものの存続が危機にある島嶼(とうしょ)国は、ごく小規模な代表団しか派遣できないそうです。

でも私たちが力を合わせれば、自国の存続をかけて闘うパワフルな島嶼国住民チームを、パリの交渉会場に派遣することができます。

温室効果ガス「排出大国」が気候交渉で一方的な主張を押しつけ、地球を守るために必要な取り決めや対策を遅らせたり、失敗に追い込んだりしたのを、何度も目の当たりにしてきました。それに対し、「温暖化の最前線」で巨大台風や海面上昇の被害にさらされている国々からの「声」には、良心に訴えかけることで、世界中にこの危機を知らせ、速やかな対策を促す力があります。

国際的な気候合意を得る会議としては、これが最後のチャンスです。パリの交渉会場に島嶼国の声を届けなければ、温暖化防止のための取り組みは、私たちだけでなく、子供や孫の世代にとっても失敗に終わってしまうことになります。

取り組みを失敗させないために、私たちにもできることがあります。キャンペーンチームを立ち上げ、島嶼国の代表団をパリ会議に派遣、彼らの「声」が影響力を持つよう働きかけるのです。4,200万人を超える私たちメンバーの内、7万人の皆さまから寄付をご協力いただければ、これらの国々を水没の危機から守るキャンペーンを展開することができます。クリックして、寄付にご協力をお願いします。ただひたすら自国の存続のために訴える、彼らの悲痛な声をパリ中に響き渡らせましょう。

キャンペーンディレクター -- イアン・キース