継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

NGOグリーンピースに対する訴訟を阻止

ペンギン・ランダムハウス、ハーパーコリンズ、サイモン&シュスター、アシェット、ならびにレゾリュート・フォレスト・プロダクツのクライアント各社:

私たち世界中の市民は、レゾリュート・フォレスト・プロダクツ社製の書籍用紙が、貴社の書籍多数に使用されていることを懸念しています。貴社の一顧客として、私は「持続可能な森林利用」という貴社の方針に強く賛同しています。どうか、レゾリュート社に対し、言論の自由を守り、森林保護にも取り組むよう、貴社から働きかけてください。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
アクションを起こすと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

大規模森林伐採を行う、カナダの大手製紙会社レゾリュート・フォレスト・プロダクツ(Resolute Forest Products)は、国際環境NGOグリーンピース相手に訴訟を起こし3億ドルもの賠償金を求めています。

同社が勝訴した場合、世界中で暴利を貪る企業に、私たちAvaazをはじめとした市民団体に対する脅迫を許すことになってしまいます。けれど今、私たちには彼らを阻止する戦略があります。

レゾリュート社の関心は利益だけですが、そんな同社の大口顧客は出版社です。出版社といえば、言論の自由を求め闘ってきた歴史を持ち、また持続可能性への積極的な取り組みを掲げている業界でもあります。

レゾリュート社が訴訟が取り下げない限り別の製紙会社に乗り換えるよう、世界中から声を大にして出版各社に訴えかけましょう。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: