継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

EU:対サウジアラビア武器輸出の禁止を

欧州議会議員の皆さま、英国・米国・カナダ・ドイツ・フランスおよびサウジアラビアと武器取引を行う各国代表の皆さま:

私たち世界中の市民は、サウジアラビアがイエメンに対する攻撃を停止し、真の和平交渉を開始するまで、サウジアラビアへの武器輸出を中止するよう強く求めます。国連による最近の調査では、国際人道法に違反する行為119件が報告されています。民間人への無差別爆撃に私たちの国から輸入された武器が使用されている可能性がある中、これ以上見て見ぬふりを続けることは容認できません。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

学校や病院、結婚式場までも標的に、隣国イエメンに対し非道な攻撃を続けるサウジアラビア。攻撃で使用される武器や爆弾は、欧州、米国、カナダから輸入されたものです。ですが今から48時間以内に、サウジへの武器流入を食い止める画期的な決定を勝ち取れるチャンスが巡ってきます。私たち皆で、ぜひこれを実現しましょう。

欧州議会は今から2日後、欧州連合(EU)加盟各国による対サウジ武器輸出禁止案を採決します。ですが、サウジアラビアによる強力なロビー活動の下、一部の議員は立場を決めかねています。

サウジアラビアの残虐行為に抗議し、「NO」を突きつけること。世界中の人々が待ち望んでいるのはこれなのだと、議員らにはっきりと知らしめましょう。そして、武器禁輸支持派のEU議員には、国際世論の圧倒的支持があることを伝えましょう。皆さま、サウジへの武器禁輸を求める緊急キャンペーンにご署名ください。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: