継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

川内原発再稼働を阻止するためには残りわずか数日

原子力規制委員会 田中俊一委員長:

私たち日本の市民は、原子力規制委員会の川内原発再稼働計画に反対します。運転開始から数十年もの年月が経過し、津波対策の護岸すら設置されていないこの原発が現時点で、また今後も安全になるとは考えられません。募集中のパブリックコメントの一環として、私たちの反対意見を考慮し公開した上、再稼働の最終判断を下す上で真摯に受け止めるよう求めます。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

政府のパブリックコメント締め切りは今週の金曜日です:投稿された意見は全て開示され、多ければ多いほど規制委は川内原発の再稼働をOKしにくくなるはずです。日本を原発の脅威から守るために、キャンペーンをどんどん広め、意見を投稿しましょう。

原子力規制委員会は、川内原発が安全審査に事実上「合格」したとの判断を下し、再稼働に向け青信号をともしました。今秋にも再稼働が実現されてしまえば、その他11基の原発も次々とその後に続くしょう。「もうたくさんだ!」と反対の声を上げ、再稼働を阻止できるかどうかは、私たちにかかっています。

福島原発事故から学べることは、原子力規制委員会の安全評価が当てにならないということです。しかも、川内原発は老朽化が進み、運転開始から30年もの年月が経っているのです!信頼が得られていないことに気がついた規制委は、パブリックコメントを募集し、川内原発再稼働について市民の意見を聞こうとしています。コメントはすべて開示されることが約束されているので、私たち皆で「ノー」を突きつければ規制委にこの決定を再検討させることができるはずです。

受付期間は間もなく終了しますので、規制委が日本の未来を危険なかけにさらさないよう今すぐご署名の上、このメールをお友達のみなさんにも転送し、一緒にキャンペーンを広めてください。みなさんからたくさんの署名が集まり次第、原子力規制委員会の公式協議に提出し、さらにメディアにも反対意見を届けます。

投稿日: 2014年8月13日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: