継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

プラスチックゴミのない海を

画像は米国海洋大気庁(NOAA)海洋ゴミプログラムより

2050年までに、海では魚よりプラスチックが多くなるという衝撃的な最新報告が発表されました。

地球に対する私たち人間の身勝手な行為は、あまりにも醜悪です。「人間性」というものへの信頼を大きく揺さぶることにもなりかねません。ですが一方で、テリーさんやクリスティナさん、クリスさんのような人々も存在します。この3名は友達同士で、プラスチック問題や「太平洋ゴミベルト」について知ると、なんとかしたいと考えました。「太平洋ゴミベルト」とは、潮の流れによって大小さまざまな廃棄物の破片が太平洋の一角に集まって形成された、フランスの2倍もあると言われる広大な「ゴミの島」です。

「あまりにもひどい」と感じた彼らは、シンプルな解決策を打ち出しました。その解決策とは、年間最大で2200万キロものプラスチックゴミを吸い上げることのできる、太陽光発電の船「SeaVax」です。「SeaVax」が数台あれば、ほんの10年で「太平洋ゴミベルト」を一掃することも、不可能ではないかもしれません!

時代が抱える難題に立ち向かう人々がいるのだということを、彼らは見事に示してくれました。ですがこのプロジェクトは始まったばかりで、私たちの支援を必要としています。「SeaVax」のモデル第一号は製造されましたが、「世界最大規模のゴミ拾い」という素晴らしい任務を果たすためには、実物大のモデル製作が不可欠で、そのためには資金が必要です。皆さまから十分な寄付が集まれば、醜悪なこの現状を、感動的なストーリーへと変えることができるはずです。「SeaVax」の夢を現実のものとするため、また、プラスチックゴミを海からなくすための他の画期的なプロジェクトも強化していくため、どうか寄付にご協力をお願い致します。