継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK
各国代表の皆さま: 地球の半分を保護区に

各国代表の皆さま:

「全ての生命を支えている生態系が崩壊する恐れがある」という科学者の警告に、私たち世界中の市民は、大きな不安を抱いています。各国政府が、生物多様性保護のために設定した既存の目標を達成すると共に、「2050年までに地球面積の少なくとも半分を保護区に指定する」という新たな合意も形成するようお願い致します。また、地球環境も持続可能な形で管理するようお願い致します。最後になりましたが、合意形成にあたっては、必要不可欠な開発と共に、先住民への積極的なサポートについても考慮していくようお願い致します。自然保護に向けたこの長期目標によって、地球との調和を取り戻すことが可能になります。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

各国代表の皆さま:
"「全ての生命を支えている生態系が崩壊する恐れがある」という科学者の警告に、私たち世界中の市民は、大きな不安を抱いています。各国政府が、生物多様性保護のために設定した既存の目標を達成すると共に、「2050年までに地球面積の少なくとも半分を保護区に指定する」という新たな合意も形成するようお願い致します。また、地球環境も持続可能な形で管理するようお願い致します。最後になりましたが、合意形成にあたっては、必要不可欠な開発と共に、先住民への積極的なサポートについても考慮していくようお願い致します。自然保護に向けたこの長期目標によって、地球との調和を取り戻すことが可能になります。"
2020年までに、野生動物の3分の2が失われてしまう恐れがあります。人間による自然破壊のせいで、さまざまな生命が、大量絶滅時代に匹敵する勢いで消滅しつつあるのです。

今この悲劇を止めなければ、微妙なバランスで成り立っている生物多様性は完全に崩壊し、地球は人類が生存できない、沈黙の地となってしまうかもしれません。でも、希望もあります。「地球の面積の半分を保護区に指定する」という画期的な計画が提案され、世界トップレベルの科学者もこの計画を支持しているのです。実行されれば、人類は再び自然と調和して暮らせるようになります。科学者によると、計画実行の際、土地収奪や搾取から先住民を守ることにも配慮すれば、全ての生物種の8割から9割を保護することは可能だそうです!

この計画を世界に知らしめ、各国政府が無視できないほどのものとしましょう。生命絶滅という沈黙が地球に訪れぬよう、人類の皆で声をひとつに「50%保護区計画」の実行を訴えましょう。

画像提供:クリス・ベイ

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: