この機能を使用するには、クッキーの設定を更新してください。
「全て許可」をクリックするか、「ターゲットクッキー」を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK
タヒチの核実験被害者記念碑を壊さないでください!

タヒチの核実験被害者記念碑を壊さないでください!

318 名が署名しました。 目標は  2,000
318 名が賛同

終了する

署名する

,
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。
このキャンペーンは、Moruroa e tatou A. が作成しました。Avaazコミュニティ全体の意見を代表するものではないかもしれません。
Moruroa e tatou A.
がキャンペーンを開始、署名提出先は
仏領ポリネシア ガストン・フロス大統領
ガストン・フロス仏領ポリネシア現大統領は核実験の被害者を追悼するために建てられた記念碑の取り壊しを決定しました。この記念碑はモルロアでのフランスによる最初の核実験から40周年となった2006年7月2日に、オスカー・テマル前仏領ポリネシア大統領がタヒチ島で建設したものです。完工式にはフランス、オーストラリア、ニュージーランド、フィジー、オランダなど、各国から代表者が集まりました。ポリネシアのアーティストによって装飾されたこの記念碑は、以来、神聖な場所として、広島や長崎、その他世界中の核実験場から人々が追悼のための象徴的な石を持ち寄る場となってきました。

ガストン・フロス大統領は自身も推進した30年にわたるフランスによる核実験の歴史を消し去り、代わりに、数年間に及んだ一時停止の後に1995年に核実験の再開を命じ国際社会から非難を浴びたジャック・シラクにこの地を捧げようとしています。

2006年以降、タヒチ島にあるこの地では毎年7月2日にマオヒの伝統的な形式で世界中の核実験の被害者の追悼する式を行っており、広島や長崎の被爆者をはじめ世界中の重要人物も多くこの追悼式に参加してきました。

今では世界の多くの人々に知られるようになった記念碑を取り壊すことは、核実験の被害者とその家族にとって冒涜ともいえる行為です。

かつて核実験場で働いていた被ばく労働者の組織であり、ポリネシアやフランスに多くの友人やNGOの仲間をもつ「モルロア・エ・タトゥ(モルロアと私たち)」は、ガストン・フロスにこの理不尽な取り壊しを中止し、この神聖な場所が核実験被害者の追悼のために永久に残されることを約束するよう誓願する署名活動を始めました。
投稿日: 2014年6月20日 (更新日: 2019年8月11日)