この機能を使用するには、 クッキーの設定 を更新してください。
「全て許可」 をクリックするか、 「ターゲットクッキー」 を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazの プライバシーポリシー に同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシー はこちらからご覧いただけます。
OK

ヒント

署名の提出先を決める

適切な相手に署名を提出する

署名は、変化を求めあなたが働きかける相手に提出します。キャンペーンの成功は、この相手が誰なのかということによって左右されます。ただし、適切な人物を選ぶのは簡単ではありません。下記に、その際に注意すべき点をまとめました。 

働きかける人物:

  • 働きかける人物は、決定権をもっていることが条件です。働きかける相手として選んだ人が何かを決定する際、その人より上の立場にある人の承認を必要とするのであれば、その承認を出す権限をもつ人物を選んだ方が良いかもしれません。例えば、熱帯雨林を伐採した家具を販売しないよう求めるのであれば、決定権は家具会社の購買担当ではなく、おそらくその上司になるでしょう。相手を誰にすべきか迷った時は、より強い権限を持つ人物を選んだ方が効果的です。
  • 訴えかける相手は団体や組織ではなく、個人を選びます。議会ではなく議員を、市ではなく市長を、企業ではなくCEOを選ぶのです。ある問題について態度を保留している議員が2名いる場合など、複数の個人に訴えかける分には問題ありません。
  • 働きかける相手は、ひとりの人間です。彼らにもわたしたちと同様、仕事の目標や友人家族、さまざまな感情があり、日々の生活を送っているのです。それらすべてが相手の決断にどのような影響を及ぼし得るのか、また相手が解決に取り組むうえでどのような問題があるのか考えてみましょう。例えば、相手が翌年退職する予定ならば、再選に関心はないでしょう。しかし、その後受け継がれていく名声といったことについては、懸念を示す可能性があります。

考慮すべき点:


キャンペーンの要望を叶えるためには、誰の決断が必要なのでしょうか?
  • あなたが望む決定を下す権限のある人物。
  • あなたが求める解決策を講じられる人物。
その人物は、あなたの訴えかけに応じるでしょうか?
重要な決定権をもつ人物に連絡を取ることが難しい場合もあります。
  • 企業への要望:働きかけるべき人物は、おそらくCEOですが、多忙のため会うことは難しいかもしれません。働きかける相手は、決定権をもつ人物でなければいけませんが、広報担当など、決定権をもつ人物に連絡を取りやすい立場にある人に働きかけ、キャンペーンに注目するよう促してもらうこともできます。
  • 政府への要望:国家の首脳はあらゆる権限をもちますが、国内の決定すべてに関与している訳ではありません。あなたの要望は、首相が取り組むべき課題なのでしょうか?大臣や議員の方が、働きかける相手として適切な場合もあります。