この機能を使用するには、 クッキーの設定 を更新してください。
「全て許可」 をクリックするか、 「ターゲットクッキー」 を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazの プライバシーポリシー に同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシー はこちらからご覧いただけます。
OK

ヒント

キャンペーンの目標を設定

適切に訴えかけることが成功の決め手

「願いことには気をつけて」という表現は、キャンペーンにも当てはまります。キャンペーンを通じ何を訴えかけるかによって、その成功が左右します。訴えかける内容が適切なものであれば成功の可能性が高まりますが、不適切なものであれば失敗の恐れがあります。キャンペーンを通じ適切に訴えかけるとは、どういうことか、そのヒントを下記に的ました。

解決策を選ぶ

ひとつの問題に対する解決策は、さまざまです。例えば、企業による政治家への影響をなくすために取り組むのであれば、選挙候補者への献金を制限する法律の制定を求めることも解決策のひとつです。もしくは候補者に対し献金を断るよう圧力をかけたり、企業に対し献金をやめるよう訴えかけるのも解決策です。取り上げる問題に対し、複数の解決策を考えたうえ、最善のものを選びましょう。一般的には、小さな努力で大きな成功が見込める方法がベストです。

解決策は具体的に

良い目標とは明確かつ具体的、数字などで表現できることです。あなたの要望を正確かつ詳細に伝えない限り、相手はそれに応えるふりをするだけで終わってしまうかもしれません。これでは、キャンペーンが成功したのかどうかも分かりません。例えば、あなたの町の自治体政府に生活賃金の増額を求める場合、具体的な金額を伝えなければ、自治体が10%の増加を決定しても、それがキャンペーンの成功であると宣言するに足る結果なのかどうか判断できません。

実行可能な目標を

あなたの要望は実現可能であり、かつ働きかける相手には実行する権限があることが前提です。例えば、企業の社長に州法を変える権限はないかもしれませんが、その法をどのような形で実行するかについて、一定の影響力があるかもしれません。

事実を知る

あなたが取り組む問題について、事細かに知る必要はありませんが、ある程度の知識はないといけません。例えば、すでに同じ要望が多数提出されているのであれば、同じことを同じ方法で訴えかけても時間の無駄かもしれません。同様の問題は、別の場所でも起きているのか、なぜ相手は働きかけないと動かないのか、そしてあなたは相手からどのような反応を期待しているのか、いま一度考えてみましょう。