By continuing you accept Avaaz's Privacy Policy which explains how your data can be used and how it is secured.
Got it
We use cookies to analyse how visitors use this website and to help us provide you the best possible experience. View our Cookie Policy.
OK
The world's largest and most effective online campaigning community for change

福島県検察庁殿: ジャーナリストの竹野内真理氏(Save Kids Japan)を起訴しないでください

This petition is awaiting approval by the Avaaz Community
福島県検察庁殿: ジャーナリストの竹野内真理氏(Save Kids Japan)を起訴しないでください

このキャンペーンは、多数の偽メールアドレスより署名さたため、インチキ署名は全て合計署名数から取り除かれました。

  
  

 


Why this is important

竹野内真理氏(Save Kids Japan: http://savekidsjapan.blogspot.jp/)は日本における放射能問題と東京電力・福島第一原発事故で放射能汚染された地域から子供たちを避難させることを訴えるジャーナリストですが、この度、刑事告訴を受けました。放射能漏れは今も続いており、子供たちが放射線によるのリスクが著しく高いことは確立された科学です。

福島のエートスという団体は、汚染地帯に住む選択をした住民を支援する活動をしていますが、残念なことながら、経済的、その他の理由でやむを得ず残る選択をした家族もいます。当たり前のことですが、小さい子供たちは選択の余地はありません。エートスは線量や被曝量のモニタリングを推奨していますが、放射線に安全なレベルはありません。

実際、福島では、リンパ節転移も含めた子供の甲状腺がん及び疑いが75人も出ており、白血病の子供も現れ始めています。子供たちは守られるべき存在です。私たちは、開かれた議論がなされること、情報へのアクセスや言論の自由が守られることを望みます。

検察庁殿には、これらの問題について話したり、書いたりすることが刑事罰に当たらないことを確認していただきたいと思います。

皆さん、子供たちの命と健康な未来を送る権利を守ろうとする竹野内真理さんと共に、立ち上がりましょう。ご協力、ありがとうございます。

Posted February 14, 2014
Report this as inappropriate
Click To Copy: