キャンペーンを発信し変化を起こす世界最大規模のオンラインコミュニティ

キャンペーンの画像を選ぶ

画像を利用して訴えよう

ふさわしい写真は、一瞬のうちに物語ります。画像を使用することで、キャンペーンに迫力を持たせ、人々の関心を捉え行動へと駆り立てることができます。数多くの例や実験から引き出された、キャンペーンにふさわしい画像に共通する点を挙げます:

1. 特定の人物に焦点を当て、その人のストーリーに結び付ける



欧州の経済危機の構図は、専門的で理解するのが難しい問題かもしれません。この場合、問題そのものに焦点を当てるよりも、抗議デモ参加者に焦点を当てた方がストーリーになり得ます。写真の中心を少女にすることで、経済的な決定が少女の未来や夢に影響を及ぼすことが連想できます。

2. キャンペーンの内容を映し出す



クラスター爆弾に人生を翻弄され、無意味で時代遅れの暴力にさらされる子供たちの立場の弱さがキャンペーンのテーマであり、何よりもこの画像がそのことを物語っています

3. 問題の大きさを見せる



なんということでしょう。膨大な数の巨木が切り倒されています。この画像は、ブラジルで起きている環境破壊の重大さを伝え、はるか遠くで進行しているアマゾンの森林破壊を具体的な形で表わしています。(そうすることで、この破壊を阻止したいと感じるでしょう。)

4. 訴える相手の写真を画像に取り込む



キャンペーンの画像に訴える相手の写真を取り込むのも、活動の盛り上がりを相手個人に伝える良い方法です。誰も公の場で批判されることを好まないでしょうから

5. 視覚に訴える



この写真の色と光は心に語りかけるようです。赤、黄、橙色をまとった人の波に畏敬の念を覚え、その力と温かさが伝わってきます。

6. 対照を見せる



明らかに何かが間違っています。フル装備した警官が、女性と子供、それに裸の赤ちゃんを小突いています。このコントラストは不条理を物語り、事態が間違った状況にあることや、抗議している人々と政府の対応の間に大きな隔たりがあることを示しています。

7. カルチャー・ジャミング、ブランドを再考する



誰もが知っているシンボルを利用し、あなたのキャンペーンメッセージを写真に映し出します。

8. 暴力的な画像は必ずしも適切ではない



凄惨さを物語る写真は、感情に強く訴えるかもしれませんが、人は目をそむけたくなってしまい、署名をしないかもしれませんし、ページを閉じてしまうかもしれません。この壮大なゾウの群れの写真は、殺された血まみれの一頭のゾウの写真よりも、密猟の取り締まりを訴える嘆願書に説得力を持たせました。