キャンペーンを発信し変化を起こす世界最大規模のオンラインコミュニティ

嘆願書の目標を定める

理にかなった訴えが成功の決め手

「よく考えてから願いなさい」という表現は、嘆願書にも当てはまります。嘆願書で「訴える」内容は、キャンペーンを成功させるカギです。適切な訴えは勝利へと導きますが、訴えの内容が不適切であれば、勝利への道は閉ざされてしまいます。嘆願書を通して人々に呼びかけるべき適切な訴えはどのように設定するのか、いくつかのヒントをご覧ください。

解決策を選ぶ

同じ問題に対して、様々な解決策が考えられるでしょう。例えば、企業による政治家への影響をなくすために闘うのであれば、候補者に対する献金を制限する法律を制定することもできますし、候補者に自ら献金を断るよう圧力をかけることもできます。また、企業に対して献金をやめるよう訴えるのも手です。取り上げる問題に対して、いくつかの解決策を考えた上、最善のものを選びましょう。通常、最小限の努力で成功できそうな方法がベストな選択肢です。

具体的に

良い目標とは、明瞭かつ数値で示すことができ、具体的であることです。あなたが何を望んでいるのか正確に詳しく伝えなければ、相手はあなたの要望に応えるふりをするだけで終わってしまうかもしれません。また、キャンペーンが成功したのかどうかも分かりにくくなってしまいます。例えば、あなたの住む町の自治体に生活賃金制度の導入を訴えるとします。この場合、具体的な金額を伝えなければ、自治体が10%の増加を決定しても、それがキャンペーンの成功であると宣言するに足る結果なのか判断できません。

勝ち目のある内容に

あなたの訴えは実現可能であり、訴える相手には行動を起こすに足る権限がなければなりません。あなたが住む町の自治体幹部に、国の法律を変えることはできないかもしれませんが、どうすれば実現可能か提案することはできるかもしれません。

事実を知る

公式には、細かいところまですべて知る必要はありませんが、自分が訴える内容についてある程度知っておくことは大切です。例えば、すでに存在するものの未施行の何かについて訴えても時間の無駄です。別の場所でも同じことが起きているのでしょうか?なぜ相手は訴えなければ行動を起こさないのでしょうか?あなたの嘆願書に対して、相手がどのように応えると思いますか?