キャンペーンを発信し変化を起こす世界最大規模のオンラインコミュニティ

嘆願書の書き方

成果を生むアクションへの呼びかけ

ここで、嘆願書に署名するよう人々を説得します。問題について説明し、それに対する解決策及び誰が解決する権限を持つのか明らかにした上、あなたが呼びかける行動を起こすことがどのように解決につながるのか説明します。自分の主張を支えるために、根本的な事実を提示することも必要です。問題に関心はあるけれど詳しく知らないという人は、長々としたエッセーを読みたいわけではありません。できる限り簡潔な文章を心がけましょう。

嘆願書に欠かせない要点

  • 今起きている危機:遠回しな言い方はせず、単刀直入に変えるべき状況について伝えましょう。問題が私たちの取り組みを必要とする危機的状況であることを明確に示した方がうまく伝わるかもしれません。
  • 私たちが果たすことのできる役割:嘆願書が解決策を講じるにあたって、どのように役立つのか説明します。誰に対して嘆願書を書くのか、市民の圧力が相手の意思決定にどのような役割を果たすことができるのか考えましょう。
  • 訴える: 必ず、読み手に行動を起こすよう呼びかけましょう。訴える際に、その他詳細について説明することによって、一層の説得力を持つかもしれません。
  • 補足情報:その他、嘆願書に賛同する人が知っておくべきことはありますか?ここで問題の経緯について説明したり、よくある批判に対して反論したりする必要があるかもしれません。

ヒント

  • 長々とした前置きをしたい気持ちを抑え、問題の核心を突きましょう。(簡単なことではありませんね!)
  • 取り組む時期について説明しましょう。なぜ今行動すべきか?なぜ緊急を要するのか?
  • 迷った場合は削除。書くべき重要な事柄かどうか迷うようなら、おそらくそれほど重要ではないのでしょう。
  • 読み手のことを考えましょう。読み手に対して署名するよう説得すると同時に、嘆願書を渡す相手がキャンペーンサイトを見る可能性も忘れないようにしましょう。(強力な圧力をかけているのならなおのことです。)