キャンペーンを発信し変化を起こす世界最大規模のオンラインコミュニティ

嘆願書タイトルを決める

100文字以内に収める

人はまず、キャンペーンのタイトルを見ます。タイトルが人々の目に留まらなければ、そこで終ってしまうかもしれません!だからこそ、明瞭かつその先を読みたくなるような、そして嘆願書の本質をしっかりと捉えた端的な言葉を考え出すことが肝心なのです。嘆願書のタイトルがより力強く響くよう、いくつかの例とヒントを記しました。

ヒント:

  • 「ミーム(meme)」を取り入れる:言いやすくかつ十分な情報がまとまった、記憶に残るフレーズ。
    ミームの例: ブラッド・ダイヤモンド、チベットの悲鳴、利益より人命を
  • 具体的に:嘆願書を受け取る相手の名前を挙げる、取り組むべき法案を明確に示す、対象となる問題が起きている国や都市名をタイトルに盛り込むなどすることによって、タイトルを具体的にします。
  • 能動的な動作を表す言葉を使用する:皆が一緒に行動したいと思えるような動作を表す言葉を使います。

例:

  • 南アフリカ:秘密保護法の可決を阻止せよ!
    問題となっている具体的な法案及びその場所を明らかにすることで、対象の法案や国についてよく知らない人にも説得力を持ちます。
  • ミラー校長に告ぐ:同性愛擁護の学生連盟に対する排斥を止めよ
    能動的な動作を表す言葉を使用し、嘆願書の訴えそのものを、訴える相手が起こすべき行動として提示しています。
  • ルパート・マードックを首にせよ
    率直で分かりやすいタイトル。キャンペーンを展開する間、繰り返し使えるフレーズで、嘆願書の訴えを記憶に残る斬新な言葉で説明しています。
  • ヒルトンのナセッタCEOに告ぐ:ホテルでのレイプを止めよ
    ショッキングで物議を醸すような連想をさせ、相手に直接訴えています。
  • チベットの悲鳴に応えよ、中国の弾圧を阻止せよ
    明確でありながら謎めいた表現でもあります。チベットの人々が中国の弾圧から身を守るために助けを必要としていることは分かりますが、実際何に対して悲鳴を上げているのか、私たちはどのように「応える」ことができるのか分かりません。
  • EU環境大臣に伝えよう:森林政策に「トリック・オア・ツリーズ(木を守らなければいたずらしちゃうぞ)」
    ちょっとしたユーモアは、とても効果的です。