継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

「知る権利」を守ろう

みんなの党 渡辺喜美代表 ・ 日本維新の会 松野頼久幹事長 ・ 公明党 山口那津男代表:

特定秘密保護法案は「知る権利」を侵害し、民主主義を脅かすことになるでしょう。日本の市民の50%がこの法案に反対しています。一市民として、法案への支持を撤回し「知る権利」を守るよう要請します。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

安倍政権による特定秘密保護法案が衆院本会議で可決されました。50%もの日本の市民が反対しているにもかかわらず、です。安倍首相の主張はこうです:皆さんは選挙で自民党を選びましたが、自民党が何をするかについて知る権利はありません。

新しい法案のもとでは、どんなことでも「機密」扱いにすることができます:原子力に関する決定から裏で交渉が進められるTPP(環太平洋連携協定)などの貿易協定に関する決定まで、さらに極端な例を挙げれば、官僚が使用する事務所の改装費用なども「機密」扱いにできるのです。

法案は数日内に参議院に送付される予定です。自民党は、参院ではみんなの党および維新の会の支持も得たいと考えています。しかし、両党の中には法案への賛否を留保している議員もいます。世論がそんな議員への支持を示せば、法案が法律として制定されることを防ぐことができます

参議院では、法案の審議が開始されました。自民党は、公明党、みんなの党および日本維新の会の支持を得たいと考えています。しかし、この三党の中には法案への賛否を留保している議員もいます。世論がそんな議員への支持を示せば、法案が法律として制定されることを防ぐことができます。クリックして、公明党、みんなの党および日本維新の会に支持の撤回を呼びかける緊急署名に賛同しましょう。
投稿日: 2013年11月27日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: