この機能を使用するには、クッキーの設定を更新してください。
「全て許可」をクリックするか、「ターゲットクッキー」を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

福島の沈黙を打ち破ろう

このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。
安倍首相に、未だ解決されていない福島の原発問題について、これ以上口を噤むことができなくなるようなFAXの嵐を送りましょう。

フォームを利用し、メッセージを送信しましょう。Avaazがみなさんのメッセージを集め、3.11の黙とうの直後に一斉に首相官邸宛に送ります。みなさんひとりひとりがそれぞれの言葉で伝えたれば、影響力はいっそう高まります。
メッセージで伝えるべき点は、以下も参考にしてください。

  • 原子力発電の廃止に取り組んでください。新たなエネルギー基本計画は、国民の大半が望むより正反対の道を歩んでいます。
  • 福島の原発被災者の声をこれ以上無視しない。 避難を余儀なくされた方々は、今なお自分たちの家にいつ帰れるのか、そして本当に帰ることができるのかすら分からないままです。
  • 東電と原子力村を解体する。福島と日本に今必要なのは、原発のない新しい時代です。
  • 福島の原子炉を処理する。4号機原子炉建屋は、いつ崩壊してもおかしくない状況です。解決するためには国際的援助が必要です。

  • 大河原多津子より

    *写真の提供:国際環境NGOグリーンピース ©Christian Åslund / Greenpeace