継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

揺らぐ日本の憲法9条

民主党および公明党代表の皆さま:

憲法改正の動きについて懸念する私たち市民は、民主党および公明党代表の皆さまに、憲法第96条の改正に反対して頂くようお願いします。96条が改正されることにより、戦争の放棄を定めた憲法第9条撤廃への道が開かれてしまうかもしれません。また、治安の名のもと、市民の言論や表現の自由を奪いかねない法案が簡単に可決されてしまうようになるかもしれません。日本の平和を保ち、子供たちの未来を守るため、改憲反対に取り組んで頂くようお願いします。

メールアドレスを入力してください:
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

先日のキャンペーンで、私たちは安倍首相による憲法第9条の「改悪」を阻止すべく、団結し反対の声を発信しました – 国際的にも非常に貴重な憲法9条のもと、日本は平和国家として、これからの世代が2度と侵略戦争に加担しないことを約束しています。

しかし、首相は「改悪」をあきらめたわけではありません。現行の改憲手続きに基づいて9条を改正することが難しいため、人々の意志を尊重せずに、今度はその手続きを変えようとしているのです。まずは、憲法改正のために衆参両院の「3分の2以上」の賛成を求めている憲法第96条の国会発議の要件を引き下げ、「2分の1」にしようというのです。これが実現すれば、首相は日本の再軍備を可能にするだけでなく、次々と簡単に憲法を改正することも可能にしてしまうかもしれません。そして、政府がいもしない敵をでっちあげ、その対策として言論や表現の自由を私たちから奪いかねないのです。

そうさせてはなりません。幸い、安倍首相が改憲を実現するためには、野党の支持が必要です。今再び力を合わせ、私たち市民は政府の権限拡大に反対していることを訴え、野党が改憲に同意しないよう行動を起こしましょう。民主党および公明党代表宛の署名に今すぐ参加し、お知り合いの皆さまにも署名を呼びかけて頂くようお願いします
投稿日: 2013年5月21日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: