継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

揺らぐ日本の憲法9条

民主党および公明党代表の皆さま:

憲法改正の動きについて懸念する私たち市民は、民主党および公明党代表の皆さまに、憲法第96条の改正に反対して頂くようお願いします。96条が改正されることにより、戦争の放棄を定めた憲法第9条撤廃への道が開かれてしまうかもしれません。また、治安の名のもと、市民の言論や表現の自由を奪いかねない法案が簡単に可決されてしまうようになるかもしれません。日本の平和を保ち、子供たちの未来を守るため、改憲反対に取り組んで頂くようお願いします。

メールアドレスを入力してください:
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

66年前、日本は壊滅的な影響をもたらした戦争から立ち上がりました。二度と悪夢を繰り返さないために、私たちの親や祖父母の世代の人々は、武力侵略を禁止する新しい憲法を生み出しました -- その代表が憲法9条です。今、平和を守ってきたこの憲法が、かつてないほどの危機にさらされています

安倍首相は憲法9条を改正し、60年以上ぶりとなる日本の再軍備に意欲を示してきました。首相はまず初めに、政治家が自分たちの都合の良いように改憲することを防ぐため定められた憲法96条を骨抜きにしようとしています。しかし、主要野党が改憲に反対すれば、首相の計画は最初からつまずくことになります。一部の野党代表は、すでに改憲に懸念を示しています。そんな今こそ、私たちが政府による権力の乱用に歯止めをかけるよう強く訴えれば、日本の軍事化への道を止めることができます

一刻の猶予もありません – つらい歴史を乗り越えつかんだ平和を守り、日本の未来を築いていくことができるかどうかは、私たちの行動にかかっているのです。民主党および公明党代表宛の署名に参加し、日本の平和を守るよう呼びかけましょう
投稿日: 2013年5月22日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: