この機能を使用するには、 クッキーの設定 を更新してください。
「全て許可」 をクリックするか、 「ターゲットクッキー」 を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazの プライバシーポリシー に同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシー はこちらからご覧いただけます。
OK

女性蔑視の法案を阻止しよう

アフガニスタン国民議会上院議員各位、アフガニスタン法務委員会マラウィ・グーラム・モヒューディン・モンセフ(Malawi Ghulam Muhiuddin Monsef)委員長:

私たち市民は、被告の家族が目撃者として証言することを禁じる刑事訴訟法の修正案について大変驚いております。このような危険な修正案の下では、女性や子供に対して暴力を振るった加害者を罪に問うことが難しくなるだけでなく、アフガニスタンにおける女性の権利や法の支配に憂慮すべき前例を残すことになります。私たちは、この修正案に反対票を投じるとともに、法案が可決される事態を防ぐべくあらゆる措置を講じるよう要請します。

メールアドレスを入力してください:
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazの プライバシーポリシー には、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

女性蔑視の法案を阻止しよう

12歳の時に花嫁として売られた少女サハル・グル(Sahar Gul)さんは、嫁ぎ先の家で耐えがたい数々の恐怖を経験しました。 義父母をはじめとする夫の家族はサハルさんに売春を強要し、断った彼女を地下室に閉じ込めた上、熱い鉄パイプを使って暴行を加えたり、食事を与えなかったり、全ての指の爪をはがしたりしました。

加害者である夫の家族に対する判決はたった1年間に減刑され、彼らは既に釈放されています!さらに、アフガニスタンの下院議会は、加害者の家族が法廷で証言することを禁じる法案を可決したのです。この法案の下では、虐待などの被害を受けた大勢の子どもや女性たちが公正な裁きを求めることが難しくなってしまいます。

女性に対するこのような人権侵害を阻止するために残された時間はわずか数日です。アフガニスタンの上院では以前にも女性蔑視の法案が却下されたことがあり、Avaazコミュニティが行動を起こせば、法案を採決にかける前に無効にすることができるかもしれないと考える政府関係者もいます。クリックして、今すぐ緊急キャンペーンにご署名お願いします -- 100万人分の署名が集まりましたら、法案が却下されるまでアフガニスタンの上院議員を対象にメディアを巻き込んだ大規模なキャンペーンを現地で展開してまいります。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: