この機能を使用するには、 クッキーの設定 を更新してください。
「全て許可」 をクリックするか、 「ターゲットクッキー」 を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazの プライバシーポリシー に同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシー はこちらからご覧いただけます。
OK

安保法案は「戦争法案」

村上誠一郎衆議院議員、その他の自民党衆参議員:

日本の平和主義を尊重する一市民として、安全保障関連法案の今国会での成立を見直すよう呼びかけます。現法案は、多数の憲法専門家に「違憲」と指摘され、直近の世論調査によれば大半の市民が反対しています。私たちのアイデンティティーの重要な一部である平和憲法を後世のためにも守り抜くようお願い申し上げます。

メールアドレスを入力してください:
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazの プライバシーポリシー には、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

安保法案は「戦争法案」

日本は、戦後世界一平和な国として知られ、平和主義は国民のアイデンティティーに深く刻み込まれています。

安倍政権が成立を目指す安保法案は、平和憲法を破壊し日本の若者たちを国外の戦地へ送り込むかもしれない「戦争法案」です。自民党内からも反発の声が聞こえてきた今、日本に二度と「戦争をさせない」ために、私たち市民の行動が求められています

安倍政権が安全保障関連法案(略:安保法案)を予定通り今国会で強制採決してしまえば、集団的自衛権の行使が容認され、日本の自衛隊は、条件さえ揃えば同盟国の戦争に加担できることになってしまいます。ですが、憲法審議会で参考人の憲法学者全員が「違憲」と指摘したことや、市民の高まる批判を受け、自民党内でも安倍内閣の方策を問題視する声が高まっています

今こそ、力を合わせ立ち上がる時です -- 70年もの間貫かれてきた「平和への約束」を守るために、至急署名に賛同しキャンペーンをどんどん広めましょう。1万人の署名が集り次第、Avaazは私たちの声を、安保法案に反対の立場を取る村上誠一郎議員やその他賛否を決めかねている自民党議員の元へ直接届けます。

友達に伝えよう!