継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

原子力のない未来にともしびを

野田総理大臣 殿:

私たち日本国民は、すべての原発再稼働を撤回し、日本を原子力のない社会に導くよう要請します。日本は原子力の安全性を強化し原子力発電を続けるべきだと、今も多くの人が主張します。しかし、東北や福島に残されたがれきは、原子力が安全からは程遠いことを物語っています。生まれて初めて目にする安全なエネルギー社会はすぐそこにあります。子孫のために安全でクリーンなエネルギー社会を構築し、3月11日に失われた尊い命を追悼しましょう。

メールアドレスを入力してください:
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。


今週日曜日、東日本大震災から1年を迎えます。失われた多くの命、破壊された家々、先行きの見えない不安を心の中で整理しようと必死に模索する中、私たちはつい日本の未来について希望を見失いがちです。 しかし、震災の暗い瓦礫の中から希望の光の揺らめきが見えます。私たちはより安全でクリーンな未来をつくる、ただ一度だけのチャンスを与えられたのです。

半世紀ぶりに日本が原子力ゼロの状態になるまであと50日です。1年前までエネルギーの3分の1を原子力に頼っていたこの国がここまで来るとは誰も考えられませんでした。巨大な企業の利益が行く手を阻もうとしていますが、私たちが生まれて初めて目にする安全なエネルギーの未来はすぐそこにあります。

野田総理大臣にすべての原発を廃止し、日本を原子力のない社会に導くよう訴えましょう。私たちの子孫が二度とこのような災害を被ることのないようにすることが、失われた命への追悼として最善の方法ではないでしょうか。今すぐ緊急嘆願書に署名をお願いします。さらにキャンドルに火を灯し、その写真をここにアップロードして希望のメッセージをシェアしてください。