この機能を使用するには、 クッキーの設定 を更新してください。
「全て許可」 をクリックするか、 「ターゲットクッキー」 を有効にしてください。
継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazの プライバシーポリシー に同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシー はこちらからご覧いただけます。
OK

パレスチナは、失われてはならない

各国の首脳、外務大臣、通産大臣 各位:

パレスチナの人々に対する扱いは、世界の良心の汚点です。いまこそ、国際社会は立ち上がり行動を起こすべきときです。パレスチナ人に完全かつ平等な市民権が認められるまで、イスラエルに制裁を加えるのです。わたしたちは、良心に基づいたリーダーシップを発揮し、いのちを守るためのアクションを起こすよう求めます。

メールアドレスを入力してください:
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazの プライバシーポリシー には、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

パレスチナは、失われてはならない

イスラエル首相は、この数日間でパレスチナの領土の多くを、イスラエルに併合する計画です。

パレスチナは、国連により国家として承認されています。にもかかわらず、イスラエル政府は国際法に違反し、パレスチナの土地を収奪しているのです。

実際、誰もがこの行為に反対していますが、ここで重要なのは、それをやめさせるために行動を起こす人がいるのかどうか、ということです。欧州をはじめとした国々には、イスラエルに再考を促す力があります。けれど、その力を行使させるには、なによりも国際世論の巨大なうねりが必要です。そんな世論のうねりを、わたしたちがつくりましょう!
投稿日:

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: