継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

武器輸出三原則の見直しは「死の商人」への道

山口那津男・公明党代表:

安倍首相は、日本の平和主義の重要な柱である「武器輸出三原則」を緩和し、国際紛争の当事国にも武器の輸出を可能にしようとしています。平和を愛する日本の一市民として、公明党の主導者である山口代表に、この改革に反対するよう求めます。日本の平和主義の維持は、公明党の要であり、昨年安倍首相が憲法96条を改正しようと試みたときにも、公明党の代表のみなさんは立ち上がりました。今再び、この三原則の撤廃に反対し、安倍政権の暴走にブレーキをかけるよう要請します。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

安倍晋三首相は今、戦後初めて日本の武器が国外で殺傷に使われることを承認しようとしています。日本が平和主義への決意をかたく誓ったにもかかわらず、です。日本が「死の商人」への道を歩むのを止めるのは今しかありません。

共同通信が実施した最近の世論調査によると、67%の日本の市民が「武器輸出三原則」の緩和に反対すると回答しています。幸いにも、安倍政権と連立を組む公明党は、平和主義を掲げており、首相の危険な計画を阻止することができます。安倍首相は、公明党に党が掲げてきた信念を曲げ、創価学会の支持基盤をあきらめるよう圧力をかけています。ですが、市民が先頭に立ち抗議の声を上げれば、公明党は私たち皆のために立ち上がるはずです

時間の余裕はありません -- 安倍首相の主張が通ってしまえば、この新案は早ければ今月にも成立してしまいます。キャンペーンに賛同し、公明党の山口代表のツイッターやフェイスブックをメッセージでいっぱいにしましょう。3万人の署名が集まり次第、Avaazは平和の象徴である千羽鶴を添え、党本部に直接届けます。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: