継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

福島の教訓を生かさない安全基準

原子力規制委員会 田中俊一委員長 殿:

私たちは、原子力発電所の新たな規制基準案に記載されている5年の猶予期間を直ちに撤回するよう要請します。再稼働に不可欠なこの基準を満たすため、電力会社に5年間の猶予を与えることで、多くの命を危険にさらすことになりかねません。原子力規制委は、福島の事故から学び、人々の安全を優先させるべきです。

メールアドレスを入力してください:
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

原子力推進派は信じがたい計画を実行しようと企てています:なんと、必要な安全対策を講じることなく、危険なほど欠陥のある原子炉のさらなる再稼働を認めようとしているのです!しかし、原子力行政の在り方を議論し市民の声を反映させるため、衆議院に原子力問題調査特別委員会が設置され、また基準案に関するパブリックコメントの受け付けも行われています。そんな今こそ、私たち市民の皆が大きく反対の声を上げれば、危険な原子炉の再稼働という狂気を止めることができます。

原子力規制委員会の新しい規制基準案は、2度と原発事故を起こさないようにするため作られたはずです。それにもかかわらず、電力会社をはじめとする公益企業は、5年間もの間この重要な安全基準の適用を遅らせることができるのです!つまり、福島の大惨事につながった安全を確保できない基準を変えずに、原子炉を再稼働するということです。しかし、規制基準の策定に関わっている主要参考人のひとりは、一般市民が大きく反対の声を上げれば、規制委の見解を変えることができると言います。パブリックコメントによる審議も行われている今こそ、「5年猶予」の提案を直ちに撤回させる絶好のチャンスです。

この数日が決定的な時となるでしょう。私たち皆で迅速に行動を起こし、一丸となって原子力規制委に響き渡る強力な声を発信しましょう。そして、福島の事故から学び目先の利益ではなく人々の安全を優先するよう訴えるのです。リンクをクリックして署名に参加し、新基準の5年猶予を撤回するよう、また安全性が証明されるまで再稼働を認めないよう規制委の田中委員長に要請しましょう-- 署名を終えたら、さらに強力な訴えを届けるため、リンクの拡散にもご協力ください。 3万人分の署名が集まりましたら、Avaazのスタッフが基準作りの審議が終わる前に署名を届けてまいります
投稿日: 2013年4月18日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: