継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

世界はひとつに

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近のコメント

最新のコメントを表示する
さらにコメントを読み込む
日常生活の中で、自分や自分の大切な人、または自分の周囲の人がテロ行為に巻き込まれることがどういうことなのか、ますます多くの私たちが実感するようになりました。今、フランスとレバノンは、そんな悲しみの最中にあります。

パリとベイルートのテロ事件は、「憎悪に満ちた恐ろしい行為」というだけではありません。一連の攻撃の目的は、あらゆる社会の根幹を揺るがすことにあります。人類が共有する人間性、そして私たちが大切にしてきた寛容さ、自由、お互いへの尊重に対する攻撃です。つまりそれは、Avaazが目指す世界を支える価値観に対する攻撃です。

このような失意の底にある時こそ、私たちコミュニティの「他者を想う力」はいっそう強まります。今は、犠牲者を追悼するフランスやレバノン、そして世界中の仲間たちに思いを馳せ連帯し、私たちのムーブメントはこのような憎悪に毅然と立ち向かい、大切なすべての存在のために、今後も声を上げ続けていくことを表明しましょう。

Avaazは、恐怖や分断には屈しないし、また暗闇に光を灯すコミュニティでもあることを示しましょう。右のフォームに愛と連帯のメッセージを投稿してください。「Nous Sommes Unis = 私たちはひとつ」と伝えるため、パリとベイルートのAvaazスタッフは、皆さんのメッセージを印刷し、両市の人々が集う場所に届けます。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: