継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

美しい海にプラスチックを捨てないで!

バーゼル条約 加盟国政府各位:

わたしたちが使い捨てプラスチックに依存しているせいで、クジラやウミガメをはじめとした、素晴らしい海の生き物たちが命を落とし、また沿岸部の地域が汚染されています。わたしたち世界中の市民は、処理能力をもたない途上国への廃プラスチック輸出という無責任な行為の禁止を求める、ノルウェーの提案を支持するよう各国政府にお願い申し上げます。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

信じられないかもしれませんが、なんと日本を含む先進各国は、何百万トンものプラスチック廃棄物をリサイクルする代わりに発展途上国に投棄していたのです!

楽園のような白い砂浜に大量のプラスチックごみが溢れかえる衝撃的な写真を、ご覧になった方も多いことでしょう。けれど、これらのごみの出どころが日本、欧州、米国、カナダであることは、ほとんど知られていません。

恥ずべきこの問題を解決しようと、現在スイスのジュネーブで各国政府は、処理能力をもたない国々への廃プラスチック輸出を禁止にすべきかどうか協議しています。


この提案には幅広い支持が集まっていますが、大手企業やトランプ政権をはじめとした影響力ある国々の政府は、提案採択を阻止しようとしています。提案推進派は、国際世論の圧倒的支持は採択への追い風になるとして、現在わたしたちの署名を協議会場に提出しています。どうか、シンプルな次のメッセージを声を大にして伝えてください:「美しい海にプラスチックごみを捨てないで!」
投稿日: 2019年5月1日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: