継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

エドワード・スノーデン氏に支援を

バラク・オバマ大統領 殿:

内部告発者エドワード・スノーデン氏に対する公正かつ人道的な扱い、また適正手続きを受ける権利を確保するよう要請します。監視プログラム「プリズム」は、かつてない規模の政府によるプライバシーの侵害です。私たちは直ちにこのプログラムを終了するよう要請します。また、エドワード・スノーデン氏を危険な犯罪者ではなく、一般市民のために行動を起こした内部告発者として扱うようお願いします。

メールアドレスを入力してください:
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
このまま続けていただくと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

恋人も仕事も自宅も -- 29歳のアナリストは人生のすべてを投げ出し、米政府による衝撃的な監視プログラム「プリズム」について内部告発しました。「プリズム」のもと、米政府は何年もに渡り、個人の電子メールやスカイプのメッセージ、フェイスブックの投稿、電話記録などの情報を集めていたのです。

かつて、米陸軍のブラッドリー・マニング上等兵がこういった機密情報をウィキリークスに暴露した際、米政府は彼の衣服を没収し全裸の状態で独房に監禁しました。国連もマニング上等兵に対する扱いは「残酷で非人道的、屈辱的である」と述べています。

米当局およびマスコミは現在、このスキャンダルをどのように扱うべきか検討しています。これから48時間の内に、私たち100万人がエドワード・スノーデン氏を支持して立ち上がれば、勇敢な内部告発者である彼を公正に扱うよう求める、力強い訴えを発信することができます。米国が取り締まるべきは、スノーデン氏ではなく「プリズム」なのです

投稿日: 2013年6月12日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: