北極海を守るためのカギを握るのは…

シアトル市長エド・マレー氏、および選出議員の皆様:

気候変動を食い止めたいと願う世界の一市民として呼びかけます:壊滅的な影響をもたらす北極海の石油開発に向かうシェルの掘削船に、シアトル市の港を使わせないでください。暴走する地球温暖化に歯止めをかけることができるかどうかは、今この時の決断にかかっています。シェルが司法を軽視しシアトル港に係留するのを阻止するため、民主的なあらゆる権限を行使し、係留許可を拒否するなどの対策を取るようお願いします。私たちは、未来を守る市長の取り組みを支援します。
 
Avaazのキャンペーンに署名されたことがありますか?メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。
初めての方は、下のフォームにご記入ください。
このキャンペーンもしくは同様のキャンペーンについて進行状況を知らせてほしい。 Avaaz.orgは個人情報を大切に保護します。

米国政府は、石油大手シェル(Shell)が敏感な北極の海の底で採油する許可を与えました。気候変動にさらなる拍車をかけ、壮大な海の生き物たちを重大な危険にさらすことになります。ですが、掘削事業をストップさせる方法があります。

北極海にたどり着く前に、シェルは巨大な掘削船をシアトル港で点検修理しなければなりません。ですが、北極海へ向かおうとするシェルを止めることができる人物が一人います -- 環境意識の高いシアトルのエド・マレー市長です。すでに市長は、シェルが石油掘削リグをシアトル港に係留させるための許可を保持していないことを伝えましたが、同社は、シアトル市がどう考えようと港に向かうと主張しています。

北極海を守るために全力を尽くすことができるのか、投げ出してしまうのか、その決断はエド・マレー市長にかかっています。市長の考えは私たちと共にあるはずですが、世界一強大な企業を相手に立ち向かうのは、正真正銘の勇気がいることです。さあ、世界は、北極海掘削事業をSTOPさせるためにあらゆる活動を繰り広げているシアトルの人々と連帯することを、シェルを止められるたった一人のヒーローに示しましょう -- 今すぐご署名お願いします。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: