継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

原子力ゼロ:輝ける日本へ

野田首相、枝野経産相へ:

間もなく日本は先進国で世界初の「原発ゼロ」社会となります。驚くべき慶事であり、我々はこれが永遠のものとなることを願います。一方で、エネルギー関連企業は我々が原子力抜きではこの夏を乗り切ることができないとする不当な主張を繰り返します。しかし、私たちは日本が原子力抜きでも十分に経済を切り盛りできると確信します。私たちはあなた方に、原子力放棄の誓いを含む、新しいエネルギー計画への移行を願う私たち国民の声を代弁するよう求めます。

Avaazのキャンペーンに署名されたことがありますか?メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。
初めての方は、下のフォームにご記入ください。
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
アクションを起こすと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

今日、現在稼働している最後の原子炉の運転が停止され、日本は先進国で世界初の「原発ゼロ」社会となります。新しい時代の幕開けであり、祝福すべき大きな勝利です。しかし、私たちは再稼働への可能性を含めた全ての門戸をここで一度閉ざすべきです。

1年前、この日が来るとは誰も考えることができませんでした。 国全体が深いショックと悲しみを経験した後、唯一確信を持って言えたことは、この悲劇を二度と繰り返さないという決意でした。そして、私たちはやり遂げました。しかし戦いが終わった訳ではありません。政府は原発再稼働の可能性をあきらめてはいません。原子力なしではやっていけないと不当に主張する、強力なエネルギー会社の言いなりになっているのです。

しかし、専門家は、日本は原子力なしでも十分に経済を切り盛りする能力があり、私たちに必要なのは決意なのだと言います。ある環境省幹部は国民の意思のみが全ての原発を止めることができるとした上で、「その気になれば、日本はできる」と断言しました。我々の指導者に、私たちが求める完全なる未来の脱原発社会実現を呼びかけることで、完全停止を祝いましょう。野田首相と枝野大臣宛の大切な嘆願書へのご署名お願いします。彼らに将来の完全なる原子力放棄を含む新しい日本のエネルギー計画への誓いを呼びかけましょう。

投稿日: 2012年5月3日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: